写せない悲しい景色

昨日は、
午後から、晴れて、捜索活動や、
復旧作業が、進んで居たのですが
この辺りの、真砂土は、水分を含むと
重く、家も流すほどなのに
乾き出すと、軽く舞い上がり
車は、砂ぼこりで
パリダカに出たかのような
オレンジ色の泥まみれ

それでも、晴れて、作業が進むことが
何よりと、思ったのも束の間
また、夜半から、大雨で
今日も、警報が出て、緊張しています

亡くなった方々で、身元のわかった
方の、葬儀も、始まり
泥だらけの、消防や、自衛隊の人達の間を、喪服の人達が、行き交う姿が
目立ち始め、悲しい空気に包まれて
います

そして流された家屋の様子は
皆さんが、テレビで、ご覧になっている
そのままの状態で
(とても、よそ者が撮影するべきでは
ないと、思うぐらい)

なぜ?楽しいはずの夏休みが
こんな惨事に、一変してしまったのか?
前日、イオンで、一緒に
並んでた方々が、
今、被災者になってらっしゃるかも
知れず

たまたま縁あって、
訪れた地で、まさかこんな惨事に
遭遇しようとは
思っても見ませんでした

こんな事になる前に
ターシャと、テクテクで、山の中へ
入り、偶然見つけた、
綺麗な川が心配で

昨日は、このまま晴れて
水も少なくなるかな?と思っていたので

かなりの距離を、久しぶりに
歩き


清流へ


ここは、近くに、しっかりした
砂防水路が

巡らされて居るので無事でした


山と海に挟まれ
美しい景色や、自然にも恵まれ
都会の便利さも、兼ね備え
地震の心配も、殆ど無く
とても住みやすい土地で、子育て
出来てイイねって言っていたのに

各地で次々、異常事態が起こり
本当に、日本は、
どうなっていくんだろう?という
不安な思いで、眺めた
悲しい景色でした

岐阜のPママさんも
コメント沢山ありがとうございました
お返事できませんが
アレルギーのお話、確かにな~と
読ませ頂いています


いつも応援 
 にほんブログ村 犬ブログ テリアへ       
ありがとうでつ






プロフィール

hananiwa

Author:hananiwa
標高1000メートルの山の庭の記録と
エアデールテリアのターシャとの
日々の暮らしを綴っています

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR