FC2ブログ

防災グッズの、見直し

さて、地震三日目、昨日夜から、私のところでは、大きな余震は、なくなって来ています。
私の住む市の、川向こうの市の方が
震源により近かったこともあり、被害が大きく
まだまだ、大変なようです。

でも、こちらも、川を隔てて、すぐ隣接している、地域なので
純日本家屋の屋根は、ずれ落ち、昨日の雨は大変だったと思います。
近隣のみなさんも
規模はまったく違うけど、揺れ方や、起こり方が熊本地震に、似ているので
次は震度7が、来るらしいと、ウワサが広まり
不要な外出や、散歩、子供たちの、外遊びを控えているのですが

初めての内陸直下型地震
(阪神淡路大震災の時より、ピンポイントで来たので
前は、息子が小学校で作った、置物一個壊れたのみ)
被害は大きく、怖さも、比べものには、なりませんでした。

そして、あとから、報道される、「実は、この辺りには、無数の断層があって・・・・」とか
「今後は、これがさらに、他の断層を刺激して・・・・」とか

学者も、マスコミも

あとから言えるなら、起きる前に言えッ(ー_ー)!!
(直下型には、緊急地震速報も、揺れてからしか、届きませんでした)

ノーマークのところが、やられた。。。

これが、真実だと思います。

ならば、明日、誰の住む場所でも起こりうる災害と認識して、
日頃から、準備しておくことが、大切だと痛感しました。

そして、まず、防災の準備として
何もかも、大きなリュックに、最初っから、用意しても無駄ってことも
分かりました。(テーブルの下が、狭くなるだけ(笑)

ここからは、犬を飼ってる(特に、抱っこできない、大きさの)飼い主と
犬が、自宅にいる時に、被災するという想定ですが、参考までに

とにかく揺れたらすぐに、安全なテーブルの下にもぐって、テーブルの脚を抑える
という、まず、第一段階の荷物は

犬の身元のわかるタグ付きのすっぽ抜けない、首輪と
テーブルの脚に、係留可能な、リードをセットにして、ドッグシューズと一緒に
いつも、犬のそばに、用意しておくこと
そこへ、飼い主は、携帯、綿軍手と、メガネ、ヘルメットがあれば、十分

それと、飼い主のスリッパは
オシャレな物より
普段から
yamaniwa_00481087578725.jpg 
私は、最近ダイソーの、このベランダスリッパを
たまたま、家の中でも愛用していて(^_^;)

山の家の、テラコッタ床が、フツーのスリッパだと、足が疲れるし
すぐヘタるので、買って見たら、すごく楽で
それ以来、自宅でも、


安いけど、どんな高級スリッパより耐久性があって

犬飼いにも、うれしい、裏も黒くて、汚れても、さっと水洗いできるし
今回も、ガラス掃除にも、とても役立ちました

最悪、このまま、家から飛び出せるしね(笑)

まずは、それだけで十分で(懐中電灯は、無くても、スマホあれば、いいし)
予備バッテリーもあれば、さらに安心
これは、いつも、手の届くところに用意していたので

その、第一荷物が、↓左の、赤いバッグ
yamaniwa_00481087578723.jpg 
その次の段階として、外に、犬と出なければならない
(これも、一時的に、近くの公園ぐらいのレベル)の、第二荷物が
↑画像右の黒いバッグ
ここには、懐中電灯、ターシャに必要な薬、水飲み、水入れの500mlペットボトル、
斜め掛け出来る、予備リードと、首輪、カラビナ
そして、モバイル関連の、充電器、ターシャの綿タンクトップ、と簡易カッパ
ウンチ袋、ティッシュ、呼び寄せ、ピーピーと、おやつと、小銭、マスク
ま、いわゆる、犬とお出かけグッズ程度

そして、余震の続く間は
yamaniwa_00481087578729.jpg 
すぐに、犬を誘導できるように、柔らかな、首輪は、常時つけっぱなしで

あ、そうだ、今回あれば良かった!は、髪の毛の長い女性には
髪を束ねるための、髪留め(短い人なら、前髪クリップ)
yamaniwa_00481087578728.jpg 
すぐさま、這いながら、ガラスを拾ったりするのに
前髪ダラーンと落ちてきてチョー邪魔!でした。
でも、ターシャをウロウロさせられないので、
洗面所までも、取に行けなくて
すぐさま、こうやって、荷物に追加

そして、いよいよ、避難勧告になれば、玄関に、最後に
yamaniwa_00481087578724.jpg 
ターシャの、一応三日ぐらいは、食べても死なないかな?の療法食と
タンパク質は、水煮ツナ缶と、人間の洗面道具、ビニールシート、歩きやすい靴を用意しています。

つまり、人間は、避難所へさえ、無事たどり着けば
ほとんど配給品で、生きて行ける設定で(笑)

でもね、やっぱり犬連れ、特に、変わった病気持つ犬連れは
うちの、避難所までも、かなり遠く

行っても、中に犬と入れなければ、意味ないな~と

なので、ウチの場合は、ライフライン(電気)が、停まらない限りは、
火災や、倒壊の無い限り、自宅に居ようと

カセットコンロとボンベ、水は、常時保管してありますが、冷凍している
ターシャのお肉が無くなると同時に、ターシャも亡くなるという、悲しい現実の為(/_;)

電気が停まった時点で、あるだけの、七面鳥を車に乗せて
山の家に避難することにしようと

で、そうだ!今回用意してなかったヘルメットも

買いに行くのも、まだ、ターシャを残して、遠くへは行けないし

なんか、無いかな???と、二階の片付けついでに、見つけました
yamaniwa_00481087578727.jpg
乗馬用(笑)

椎間板ヘルニアになって、乗馬を止める直前に
まだまだ、年取っても、やるつもりで
新しい、最新式の、強度のあるものに替えてたんだったわ(^_^;)

こんなところで、日の目を見るとは

ま、みなさん、工事ヘルメットの中
私だけ、チャールズかッ!?ですが(笑)

この際、なんでも、いいですよね?バイク用でも、スノボ用でも、自転車用でも
頭守れさえしたらね(^_-)

これも、普段から、すぐ取り出せるところに、置いておこうと

となると。。。。残るはたーしゃちゃんの頭だな~と

また、被り物タンスから

ま、ご存知のように、色々お持ちですが
なるべく、頭にクッション性のあるものを、チョイス
yamaniwa_00481087578731.jpg
今回は、季節的には、OK(笑)

yamaniwa_00481087578732.jpg 
可愛いし(#^.^#)

yamaniwa_00481087578733.jpg 
こうやって、夜を明かしています。

拍手コメントや、メール、ありがとうございます

まだ、お返事できませんが

皆様のお気持ちが、とてもうれしいです!!!

ご心配
にほんブログ村 犬ブログ テリアへ 
ありがとう(#^.^#)


皆様も、取り敢えずの備えだけでも、今すぐなさってくださいね!
プロフィール

hananiwa

Author:hananiwa
標高1000メートルの山の庭の記録と
エアデールテリアのターシャとの
日々の暮らしを綴っています

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR