FC2ブログ

検査結果

今日獣医さんから連絡があり
関節液の細菌は認められず
あとは、再度血液検査をして、炎症反応の数値が下がっていれば
このまま普通の生活をして、様子を見ましょうということでした

ケガしてちょうど3週間、すでに4,5日前ぐらいから
普通に歩いて、フセもスワレも膝がきちっと折りたためるようになっていて
もしかして、ホントにただの捻挫だったのでは?と素人目にも思っていたのですが(^_^;)

でも、この判断は難しく
だいたい一週間で治れば軽い捻挫?でも2週間目になると
やっぱりきちっと専門医に見せるべき
もし、靭帯が切れかけて居たら、早い処置で半月板の損傷を食い止められるから

私が、その時、専門医に診てもらおう!と決めたのは
今回ターシャが行った病院ではありませんが
もう一つ、大阪では、有名な整形専門医の先生のブログ記事(コチラ)を読んでからでした
しかも、ターシャは、8ヶ月の時にも、ちょっと高い公園の石の台から、飛び降りただけで
足を引いたので(その時は左足)股関節か?膝蓋骨が弱いのでは?とずっと思っていて
今度もし、足を引くことがあったらきちっと調べてもらおう!と

それが、血液検査でひっかかり、検査できなくなって
そしたら、3週間目で自分で治した?のだといいのですが
 
でも、そのお蔭で、判ったことはリウマチは無い
股関節はきれい
そして、今回の捻挫では靭帯は完全断裂はしていない
(部分断裂は関節鏡検査無しでは、
判断できないが 、ストレステストで、そんなに大きなダメージではない)

でも、右膝に関節炎の始まりのような骨のささくれが写っていることがわかり

これからも、経過観察しながら
過度の運動はさせない
体重の管理
滑るような床の生活環境の見直しが必要と言う事でした

過度の運動って????
どの程度なのでしょう???(^_^;)

短時間、普通に前向いて走るぐらいはいいのでしょうが
やっぱり激しいストップ&ゴーや、くるっと向きを変える動きは良くないので
ボール遊びはダメなのかな?

特にターシャはドンクサイので(-_-;)
すぐにボールキャッチできなくて、転がって行ったボールを慌てて取に行こうと
スライドするから
上手な子以上に、無駄な負担がかかるんですよね

あ~皆様、冬の定番「ナデナデジャパン」も引退です(/_;)

でもいいです!

前向いて走れるだけで十分
そしてそれを、少しでも長く楽しませてやりたいから

ってことで。。。。。

実はこの連休、もうすでに
yamaniwa_0048104933.jpg
まず初日は、いつもの1/3のコースを脚側で歩いてみました
軽快にいつも通りです!

帰ってからも、足をかばう様子もなく

翌日も同じコースを
yamaniwa_0048104937.jpg 
久しぶりのワンコさんとの出会いに手が震えていました(禁断症状?(笑)

そして昨日はついに!っていうかもう、安静も限界(-_-;)
良く3週間大人しくしてたな~と思うぐらい

yamaniwa_0048104934.jpg 
前を向いて少しだけ走りました(/_;)

まだ、私の方が見ているのが怖いぐらい

でも本人は楽しそう
yamaniwa_0048104936.jpg 
当たり前ですよね
犬だもん。。。。。縫いぐるみじゃないもん!


で、また、足を引いたら????と不安もありますが

気を付けるところは、気を付けて、しっかり筋肉を付け
体重管理をして
それでもなるものは、もう仕方ないです

その時は、今度こそ、きちっと検査して、手術してもらえばいいのだ!と

皆様本当に自分のワンちゃんの事のように、
ご心配ありがとうございました 

にほんブログ村 犬ブログ テリアへ 
これからも、前を向いて走るでつ!

  
プロフィール

hananiwa

Author:hananiwa
標高1000メートルの山の庭の記録と
エアデールテリアのターシャとの
日々の暮らしを綴っています

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR