FC2ブログ

ご報告

みなさんからの、励まし本当にありがとうございました
どういう形になっても、早く結果をご報告しなければ・・・・・と思っていたのですが

今回残念ながら、関節鏡も手術も見送られました

それよりも、感染や自己免疫疾患の疑いが出て

またもやグレーなまま帰宅しました

yamaniwa_0048104879.jpg 
早朝に「ベビたん♪行って来るでつよ~♪」とご挨拶し

いそいそと病院へ
yamaniwa_0048104873.jpg
そしたら、なんとなく、右膝ちゃんと曲げてるし(^_^;)

でも、十字靭帯を損傷していても、しばらくすると
普通に動かせる子もいるので
やっぱり検査まではやっておきましょうと

午前中、術前検査をして
問題なければ、お昼前から関節鏡
その後、問題なければ、2時頃には終わり
麻酔が冷めれば迎えに来ていただきます

十字靭帯と半月板に損傷が見つかれば、
そのまま手術になり3日間の入院になりますと説明を受け

いずれにせよ、2時ごろには、検査結果の電話をいただくということで
私だけ帰宅

その間、ぼーっとしてるのも嫌なので
ベビたんが来るとき、いつもする
yamaniwa_0048104874.jpg 
このマットの張替を、無心にやっていました
 
そしたら、預けて2時間もたたないうちに、獣医さんから
電話が入り

術前の血液検査で、白血球数とCRPの数値が異常に高く
感染症やリウマチ、腫瘍の可能性があると
その場合、当然今日の手術は出来ないのと
しかも、もしリウマチで膝が痛んでいるとすれば、
自己免疫疾患なので、手術は今後も出来ないと言われました

手術だって心配だったけど・・・・・
友達が最後に励ましてくれた
「今日が、ターシャのどん底の日、今日を無事乗り越えたら
明日から、一日一日良い方に向かうんだから!」と
私もそう信じ病院へ送ったのに・・・・
目の前が真っ暗になりました

とりあえずは、今から全身麻酔は、かけて
関節液を抜き取り、まず、リウマチの検査と細菌培養をし
その後、エコーで内臓、胸のレントゲン、単純な足のレントゲンを再度取った後
麻酔が覚めたら、ご説明をしますので、お越しくださいと言われました

色々と、もっと聞きたい
歩けるとか、走れるとかそんな問題じゃないの?
それはどういうこと?
パパもちょうど、昨日は大事な仕事で夜遅くしか連絡がつきません

不安な気持ちのまま
でもネットで余計な情報を勝手に得るのも怖く
また
yamaniwa_0048104876.jpg 
新しいマットはしばらく滑るので
滑り止めのマットを敷き詰め、ケージレストのスペースを
確保して掃除し続けました
涙が止まりません

ターシャ何にも悪い事してないのになんで?
今日だって、怖いけど、我慢して獣医さんにも
ちゃんと「よろしくでつ♪」って尻尾フリフり検査室に入って行ったのになんで?

どうやって獣医さんへ行ったか覚えてないって言うか
用意していた、お金も持って行くのも忘れ、迎えに行くと
麻酔の覚醒時の興奮で、聞いたこともないターシャの叫び声が外まで聞こえて居て
私が抱きしめても、気が狂ったようになって叫んでいて

可哀そう
こんなになって検査するのも、もう可哀そう

結果は、リウマチの可能性は除外され
胸のレントゲンも綺麗、内臓エコーも腫れや肥大は見当たらず
後は、関節液の培養結果で、
細菌性関節炎かどうかを判断を、一週間後にわかるまで待ちましょうと

ただ、全身麻酔をかけたお蔭で?一般的に十字靭帯が切れているかの判断を
完全に力を抜いた状態行うストレステストが出来たので、
完全断裂はしていないし、半月板の損傷もまだ起こっていないのでは?と言われ
緊急性は無いと判断
膝に関しては、しばらくは、このまま経過観察で行くことになりました

まずは、白血球数が正常値になるまで抗生剤を飲み
その間に、培養の結果と照らし合わせて、他の病気の除外診断をしながら
まだ、自宅安静をしばらく続け
跛行が収まれば、今まで通りの運動をしてみて
また跛行が出た時に、もう一度考えましょうと言うことです

ただ、右足のレントゲン上に見える小さな白い突起は
変形性関節炎の始まりかもしれないので
老犬になって、膝の痛みに苦しむ可能性があるとのこと
(これは人間のお年寄りも同じですね)

そしてこれも、人間同様
関節サプリやヒアルロン酸注入は、医学的に効果は無いので
この病院では使わないと
なので治療法は無く、痛みが出たら安静と鎮痛薬を使い

あとは激しい負荷のかかる運動は避けながら
でも、筋肉を、落とさ無い適度な運動管理と
軽めの体重を、今まで通り維持することが重要だと言われました

特にエアデール全般に膝が弱く
この病院でも、十字靭帯の手術をしても
術後の経過が良くない傾向にあるとか

みなさんも、くれぐれも、肥満と過度のスポーツは、気を付けてあげてくださいね

ということで、何かスッキリしないままですが
一応無事に
yamaniwa_0048104875.jpg 
帰って来たでつ♪

昨日は、麻酔の影響で、
夜半まで、幻覚と不安感に苦しんだターシャでしたが
頓服にもらった、膝の痛み止が良く効き、朝までぐっすり眠ってくれました

今朝からは
もう、毛ぞりして穿刺した膝の部分を舐めようとするので
yamaniwa_0048104877.jpg 
西松屋ルック(笑)大活躍

yamaniwa_0048104878.jpg 
手術延期になったお蔭で
ベビたんのお世話係に専念しています

結局すっきりしないまま、また一週間検査結果が出るまで
グレーな気分なままですが

一本目の電話で、奈落の底に突き落とされ
もう、走れなくてもいい!
今まで通り、毎日側に居てくれたらそれだけでいい!
と思った気持ちを忘れずに
何かを少しずつ、二人で諦めながらでも
ほんわか楽しく、暮らしていけたらいいと思います

メールや拍手コメントを下さる皆様も
ただ見守ってくださっている皆様も
本当にご心配いただいているのが伝わり
心強かったです

にほんブログ村 犬ブログ テリアへ 
ありがとう




プロフィール

hananiwa

Author:hananiwa
標高1000メートルの山の庭の記録と
エアデールテリアのターシャとの
日々の暮らしを綴っています

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR