雪囲いの撤去と柿サブレー


ずいぶん雪が溶けたとは言え、まだこんな感じの昨日の庭ですが
午前中は暖かくお天気も良かったので
取れるところだけ、怖い黒装束を外し、鋼管パイプの支柱も取り除きました。


株元にはクリスマスローズも新芽を出していました。
もう大阪では今が満開なんですが、まだまだこんな感じです。


これは何でしょう?ギガンチウムかな?とにかくこの時期は
自分で植えていても何かわからぬ新芽が多く、しかも勝手に
分球してあちこちから顔を出すので、踏まないように歩かなければ(笑)


防寒用の黒い遮光ネットを外すタイミングは難しいですね。
長く置きすぎると、中が蒸れて病気が出そうですし
早すぎると、遅霜や、私の山庭(岐阜県山間部)では、まだ雪がもうひと積もりして
枝を折ってしまうかもしれません。

住んでいて毎日見ていれば、天気予報とにらめっこで
外すタイミングをつかめるのでしょうが
次回、いつ来るかわからないとなると
なかなか決断が難しいのです。


でも、今回は、支柱がすっと雪から抜ける(雪の圧迫がなくなっているところ)
だけを外しました。外してみると、それぞれのバラで休眠の時間差はあるものの
赤黒い死んだような枝からも、ちゃんと新芽が出始めていて
安心しました。ただ、予報では夕方から雪ということだったので
剪定も葉っぱむしりもせずにおきました。


案の定、午後から気温も下がり初め、0度を下回り
薪ストーブもまだまだ、ガンガン焚かなければ寒いぐらい


窓の外は、予報より早く吹雪き出しました(-_-;)
でも、みぞれのような湿雪なので、少しぐらい積もっても
溶けると信じて帰りました。


東海北陸道の山間部は雪でしたが
名神に入っても寒い雨で、せっかくの満開のお花見ポイントも
人もまばらでした。帰る途中の養老インターで見つけた
新しいお菓子、つちやの「柿サブレー」
デパートには置いていない大垣のローカルお菓子のようです。


柿が入っているのかと思いましたが、柿の形をしているだけでした。
鎌倉の鳩サブレだって鳩が入ってるわけじゃないですもんね。(笑)

鳩サブレをもう少ししっとりさせた感じで、なかなか懐かしい味でした。


さて次は剪定をして、今年はどこまで伸びてくれるかな?
また覗いて見てください!



プロフィール

hananiwa

Author:hananiwa
標高1000メートルの山の庭の記録と
エアデールテリアのターシャとの
日々の暮らしを綴っています

カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR