やっとお雛様



昨日はとても暖かく、ようやくお雛様も出しました。
と言ってもお二人だけ(笑)
うちは昔から旧節句でお祝いしていたので、これで良いのです(^_^;)
高山も4月3日がおひな祭りで、安心しました。(笑)

私のお雛様です。
母方の祖父が、京都河原町の「松屋」で買ってくれたものです。
何十年モノ?(笑)のビンテージですが、
娘が生まれた時、「松屋」へお里帰りしてお色直しをして頂きました。 


 
人形の首をはずすと、中に職人さんの名前が書かれて居て
後を継がれていた息子さんが、お顔のお手入れと、
髪の結い直しをして下さることになり、
「先代の仕事ぶりに触れられて、うれしかった」と言って下さいました。


上品なお顔立ちのお人形で
老舗を愛する京都人には有名なお店です。
初めての女の子の孫の誕生を喜んでくれた、
祖父の気持ちが今も伝わります。


木箱の底には、祖父の納めてくれた熨斗がそのままに

京雛は、お内裏様とお雛様が、関東とは逆です。
大阪も普通は関東飾りなんですよ。


和室に飾ると、寒くて誰も見てくれないので、リビングに親王飾りにして
和室には、子供達が小さい時に作った、お雛様を飾りました。
誰が色を塗るか?どんな色を塗るか?で喧嘩しながら作って居たのが
懐かしいですが、けっこう可愛いじゃない(笑)


俵屋吉富の雛菓子も、京雛飾りです。


こちらも俵屋吉富の甘酒ボンボン「ほろ酔いお雛様」
そんなにお酒の味はしない砂糖菓子でした。
って飾る前に、まず味見(笑)


いつも見て下さってありがとうm(_ _)m


 

プロフィール

hananiwa

Author:hananiwa
標高1000メートルの山の庭の記録と
エアデールテリアのターシャとの
日々の暮らしを綴っています

カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR